OLの夢日記

6月の私はどん底だった。

営業目標を全然達成できない。あげくに、過去の努力不足と無能感をみんなの前で晒され、「社会に必要のない人間」とまで言われた。屈辱すぎて2週間ぶっ続けで凹んだ。何をしていてもその暴言が頭をよぎり、休日もそのことばかり頭に浮かんで何も楽しめない。「そうか、こうやって人は鬱になるんだね!」と思った。

毎日「早く死にたい」と思っていたので明らかに精神に異常をきたしていると感じ、私は占いを熟読したり、メンタルを鍛える方法を検索したり、メンタルの本を読んだり、最終的には街頭に立っているエホバの証人の人をガン見していた。あと一歩で「私を仲間に入れてください」と泣きながらすがりつきそうだった。

あれこれやりながら結局これだ!というものは見つからず、本当は多分心療内科とか精神科に行くべきなんだろうけど、”内観”することで多少の改善ができるのではないかと思った私は、以下のように毎日を過ごすことに決めた。

 

①なんの予定もない日は何かしらで営業に行く。

訪問して提案する。「会社に居なくてもいい」というメリットがあるし、何より、数字を出すには一番これがいいからだ。

②感情を捨てる。

転職してきた先輩が「私は前の会社に感情を捨ててきた」と言っていて、それが妙に印象的だった。どうりでその先輩はいつも一定のテンションで仕事をしている。仕事で嫌なことをいわれたり嫌な人がいることなど「当然」で(これはかの有名なシャイニング丸の内さんも言っていた)、そんなことより売上をあげることだけを考えましょう、ということだ。

③インプットを始めた。

今までは朝は始業の45分前に飛び起きることなどザラで、バッタバタ会社に(遅刻気味に)行き、だらだら仕事して、残業して、寝るためだけに帰宅していた。とにかくこのままではインプットをする時間がないので、普段は7〜8時、遅くても10時には帰ることを目標にした(緊急の仕事がある日はのぞく)。朝は7時に起きることにした。そのために、12時に寝た。

じゃあ何をするのかというと、朝は朝ごはんを食べるようになり、仕事のための本を読んだ。夜は、資格の勉強と、新聞を読んだ。また、業界のことを知るために読まなければいけない専門書というものが存在するのだが、それは土日のどちらかあいている日を勉強の時間にあてた。お金がないので本屋さんで立ち読みしたく、そうなると土日しか実質時間はなかったが、どうせ家にいても寝るだけだし、読むのにそう時間はかからないからだ。完璧は目指さず、倍速流し読みでもいいからとにかくインプットすることを考えた。

 

こうやって決めると、②は気持ちのもちようの話なのだが、①や③は”努力”の話なのでつらくなる。私は厭世的なのですぐ「早く死ねるならこんなことしなくてすむ」とか「仕事だからやっているだけで本当はこんなことしたくない」とか言い出してしまう。そういうのは、精神的にあまりいいことではないので、こういうときこそクリエイティブにならねばと思い、いくつか対策を考えた。

 

①努力の過程をインスタにアップする。

主に受験生がやっている「勉強垢」みたいなものを、私も始めてみた。勉強中です☆とアピールするために、文房具やら参考書やらを写メにとってアップするのだ。これに加えて「起業女子」と呼ばれるひとたちのキラキラアカウントを研究し、私も偽装キラキラOL感を出して、自分のモチベーションを高めることにした。

②自分のことを褒める

ばかみたいな話だが、周りに誰も自分のことを褒めてくれる人がおらず、褒めてもらえるほどの結果も出していない私がノリノリで仕事をするには、こうするしかない。というか、よかったことと改善点をふりかえり、PDCAをまわすことにした。以前ためしてみたときすぐに飽きてしまったことのだけれど、どうも自分の悪いところにばかり目がいってしまうので、1日の振り返りをすることにした。ちょうどこの日記があったので助かった(でもブログを書いた日でも夜は11時にはパソコンを閉じた。目がさえて寝れなくなるので)

③今の頑張りが明るい転職活動につながると夢想する

スキルがない→転職できない、てことは逆に、スキルがあれば転職できるじゃん!?と思ってがんばった。

(他に今はまだ思いつかないけどなんかやったことにする)

 

こうした生活を半年続けてみた。するとどうだろう。とにかくどん底にいた6月の私は1週間後にはほぼ回復していたし、1ヶ月するころにはその生活も苦じゃなくなっていて、うわさの朝活女子ってやつになれていた。営業に行くことが当たり前の毎日になり、いい感じに数字もちょっと見えていた。この時点で今までのダラダラOL生活はなんだったのか…と思うほどなんか変わったのを感じていた。そして気持ちよく夏休みをとれたし、秋になるころには予定より多く数字が見えていた。ついには、絶対無理だと思っていた年間目標を11月の時点で達成できていた。

 

気づいたのがまだ早いうちでよかった。いやいや仕事をしていた2年半だけど、ここで思いっきりギアチェンジできてよかった。一生の財産になる半年間だったと思う。挫折から学ぶことは多かった。

 

 

 

 

という半年間になるように行動します、という夢日記です。

 

 

バリキャリになりたい人生だった

昨日、死ぬほど怒られた案件について、今日きっと別の先輩からも怒られるだろうなと思っていたら、怒られたわけじゃないけど、アドバイスされたのであった。

 

その先輩と話したり、昨日くそ怒られた先輩と話したりして、昨日は怖くて怖くて「マジで会社に行きたくない」って久々に震えていたけど、なんとなく精神が和らいだ。

 

新人が、叱られた次の日に会社辞めてしまう気持ち、わかる。辞めたくなるよね。

でもすごい叱られた先輩と、案外次の日ちゃんと喋れたり、別の先輩から「あいつ誰に対してもああいうかんじだからなあ」「あいつは後輩に、俺にぶつかってこいって思ってるんよ。前飲み会のとき言ってた」「あいつなりの叱咤激励なんよ」「重く受け止めすぎなんやない?言われたらハイって飲み込んでそんな何回も噛み締める必要ないよ」みたいなことを言ってもらって、見方が変わったりするのである。

 

いやそういうことってないにこしたことはないんだけど…

自分もちっとも前向きになれたわけじゃないんだけど…

 

難しい。職場の先輩ってなんであんなに怖いんだろう?私は勉強がまあまあできる子で、生活態度もそれなりに優等生だったので、人からあんまり怒られずに大人になったから、「人から怒られる」ことに慣れていないんだと思う。でも社会に出ると、真面目でも仕事ができなかったら無限に怒られるし、なんていうんだろう、求められる能力が、学校と全然違ったりするよね……

 

でも一つわかったことがあって、怖い先輩は怖いんだけど、仕事って「話しやすい人」に話すことより「裁量権のある人」に話さないと進まない、というのを本で読んだことがあって、怖い先輩も、できれば会話したくないけどその人に業務のことを報告するのは仕事だからするのであって、つまり話しかけるのをためらう必要は全然ないということなのであった。

 

何もかもうまくいかない。心が死んでいくのがわかる。今日は久々に早く帰れたのだけど、暴飲暴食してエロいことして寝てしてしまった。食欲性欲睡眠欲がハチャメチャになっている。仕事で疲れるとよくこういう感じになる。自分を大事にできなくなって、それは主に「化粧のやる気がおきない」とかそういう形になって現れる。自尊心の低下だね。

 

大学生の時は自分の最大の悩みなんて「もっと可愛くなりたい」だったけど、仕事をし始めると顔のことなんかマジでどうでもよくなるくらい、自分の存在を否定されまくり、悩みまくり、しんどくなります。だから若い子で顔にコンプレックスがある子は激務についたらいいと思うよ。マジで顔なんて目と鼻と口がついてればいいや!!!ってなるから!

 

「仕事が好き!」みたいな大人になりたかったなあ。映画に出てくるバリキャリはみんな可愛くてかっこよかった。プラダを着た悪魔マイ・インターンとか、そういう映画大好きで、大人になったらこういうキャリアウーマンになるんだ!!って燃えてた。

 

なんでなれないんだろう。

 

よく「バリキャリだった女性が家事育児のためにキャリアを手放さざるをえなくて…」とか聞くけど、逆に私なんてマジでモテないから結婚して仕事をやめるなんてこともできないので、絶対に一生働かなきゃいけないわけで……

終わり、なさすぎ。

 

このまま仕事だけして死んでいくんだろうなあ。全然楽しみじゃない未来だなあ。早くおわんねーかな、人生。うーんうーん

 

明日は金曜日だけど、どうせまた月曜日になるし、楽しいことなんか一つもないです。世の中、生きていても全然いいことはありませんし、だから子どもとか産みたくないって思う。だってかわいそうじゃん。勝手に産んで、100年も地獄味わわなきゃいけないんだよ。私だって両親が作ろうと思わなかったら生まれてないわけで、生まれてなかったらこんなつらいだけの毎日を送る必要もなかったわけで、たった一回のセックスで100年生きる生命体が生まれてしまうなんてやばくない?コスパの悪さがすごい。

 

 

 

 

会社で先輩にくそ怒られる社会人●年目

OLです。

 

今日も先輩にくそ怒られました。

しかも、100−0で私が悪かった。

こんなんばっかりや。

 

新卒1年目のときは、私があまりにも仕事ができなさすぎて(言われたことを覚えていられない、気が利かず現場仕事で足手まといになる、急に言われたことにとっさに答えられない、目の前のことで頭がいっぱいになると他のことを忘れてしまう、等々、もはや覚えていないくらい)、自分ってADHDなんじゃ・・・と思った(しかもネットの”ADHD診断”とやらをやってみたら半分くらい当てはまった)ことがある。

しかもその話を友達や先輩に言ったら「わかるー!私も自分のことADHDなんじゃと思って診断したし私も半分くらい当てはまった!!笑」ってみんな言ってた。なんじゃそりゃ。

 

そして1年目のときは「私はなんでこんなに仕事ができないんだろう」と悩み続けていて、いま、●年目になり、まーーーーだ同じことで悩んでいる。

 

というか、つい数日前までは「営業の数字が目標にいかない」ことに悩んでいたのに、次はまたこれ。なんなん!!終わりのない闇かよ。

 

今日は私が適当にやった仕事のせいで先輩にくそキレられ、そのミスをリカバーするために走った1日だった。私の上司たちは「部下のミスをカバーするのが上司の仕事」だと思っているので、ミスの報告に行ったらすぐに解決策を出してくれたのだけど、「ミスを報告する」ってつまり「何か仕事をしてる」ってことで、営業活動がんばってる感を出すことには成功し、営業の数字いかない問題の精神的疲労が若干和らいだ…んだけど、これってどう考えてもやばい。ミスの上塗りで前のミスを忘れるってどんなやねん。

 

でも、1年目のとき、この世の終わりみたいに凹んでいたミスって、もうなーんにも覚えていない。だから今日の凹みも1年したら忘れるだろう。忘れなきゃやってられねえよ。

 

私の先輩は心を傷つける怒り方をする人で、例えば「今何年目?●年目なのにできないの?」「●年目っていったら他の人ならもっとでかい仕事ガンガンまわしてるよ。お前どんどんいらない人間になるよ」みたいなことを、何かで怒られるたびに毎回言う。ほんっとに、毎回言う。何で怒られてる時も必ず最後はその話になる。よほど本気でそう思っているのだろう。先輩が言っていることは真実だし、先輩は超仕事ができる人なので、その説教に対して「理不尽だ!」とかは思わない。ただしんどいな〜ってだけ。先輩もだけど、自分のダメさと否が応でも向き合わされるのが。

 

仕事がダメなまま40年生きるのはきっと苦しい。だったら、いまできるようになるべきなんだろうなあとは思う。

 

前向きかよ。

 

だって今日の仕事はくそみそだったし、きっとそのことで明日また別の先輩に怒られると思うけど、終わってしまったことはどうしようもないので、今後できることを考えるだけだ。

 

とはいえ、しんどい。

 

しんどいときこそクリエイティブになるべきなんだって。しんどいときに「耐える」ことはいいことじゃないって、今日たまたまTLに流れてきて、めっちゃ救われたかんじがした。そうかあ。。

 

 

生きるためには働くしかねえから、がんばる。

まだ水曜かよ。

 

ところで今日私が苦しんだことはまた別の機会に考察できそうなので日記に書くかも。テーマは「新人が間に挟まれた時〜仕事篇〜」みたいなやつ。もう新人と呼べる年でもねえけど、1年目のときと同じ状況で今日しんどかった。誰の言うことを聞けばいいのよ!?みたいな。

 

後ろ向きなことを考えるのはやめよう!!

 

でもなんかこういう「仕事ができない」みたいな悩み、年をとるにつれて友達に言いにくくなってきた。友達はだんだん仕事ができるようになっているみたいだし、1年目は「仕事つらいよねー」って言い合えてた友達が、共感してくれなくなっている。

共感してもらいたいから話すのに。

 

昔、こういうことでずっとしんどかったとき、「私のすべてを肯定してくれる人と話したい!!!」と思って、いのちの電話系の電話番号控えてた。結局電話しなかったけど、今こそするときかもしれない。

 

女性の「結婚したい」は「死にたい」と同じ意味。と峰なゆかさんが言っていて、うわー!なるほど!!って、めっちゃ思ったんだけど、仕事してて「死にたい」って思う瞬間ありすぎる。「死にたい」って要は「目の前のことがうまくいっていない」って意味なんだなあ。この先生きていても良いことなんて何一つないのに、100歳くらいまで生きなきゃなんないの、本当にどうかしてる。生きたい人に寿命あげたい。ほんとに。タダであげるのに。

 

早く死ねますように。明日目が覚めませんように。

おやすみなさい。

 

 

 

 

 

 

営業の数字が目標にいかない。

上期が終わります。弊社は1月はじまりなので、6月が上期〆です。

ということで、上期の面談がありました。これは主にボーナスの金額を決めるための面談なのですが、それどころか私の面談は

 

「1年間の営業目標の5分の1しか到達してません」

 

という報告の面談でした。死のうかな。

 

 

私は営業職です。

主に、既存クライアントに訪問して定期的に案件をもらったり、新規クライアントに訪問して新しく案件をもらったりするのが仕事です。

 

とはいえ、弊社はバリバリの営業会社…というわけではなく、どちらかというと大きいクライアントをがっちりつかんで、あれやこれやと大きい案件もらう、というのがスタイルのようです。というか、そう思っていました。

 

会社に入って数年、先輩の案件を手伝いながら仕事を覚え、、だんだんと数字がついてきます。去年は、まだ新人の範疇に入る目標金額だったので、クリアしたのですが、今年は…ガクンと額があがり、そのことに気づきつつも昨年までと同じように仕事をしていたため、まったく数字がおいついていませんでした。それもなんと、1年間で達成しなくてはいけない金額の5分の1!!!これは…まずい…

 

面談中、上司が「どうしよっかねえ…」と言いながらずーっとメモに下向きの矢印を落書きしていて、いたたまれなくなった。めっちゃ下降向きじゃん…上を向かせてくれよ…。

 

しかし、数字がいかないというのはこんなにきついものなんですね。世の営業マンが数字がいかないことを苦にして自殺するのもわかります。なんというプレッシャー。

私は、怒鳴られたり、問い詰められたりしたわけではないので、まだそんな踏切に飛び込みたいというレベルではないのですが…まあ、つらかったですね。今でもけっこう胸がちくちくしています。

 

 

何がつらいのか

 

・上司から「会社で暇してるからだぞ」と言われる。それはつまり、自発的に仕事を作りなさいということ。わかってるけど、今までそんなこと言われたことなかったし…!

数年前、今よりまだ新人だった頃、自分で仕事をできないのが不安で不快で、上司に「先輩の仕事じゃなく自分の仕事をしたいので、新規営業に行きたいです」と言ったら、「いま大事なのはそういうことじゃない」となぜか言われて、???となったことがあるんです。なんだったんだろう。結局それに甘えてあんまりがつがつ外に営業に行かなかったのはまあ、私が「自発的に仕事をしていない」ことに繋がりますね…はい。でもさーーーでもさーーーーー

 

・数字いってない=会社における無能な人ポジションだし、つらい。このままだと必要ない人間になってしまう。つらい

 

・具体的にどう動けばいいのかわからん。がむしゃらにやればいいのか?つらい。行きたい会社を見つけて、企画を考えて、もっていく。そのプロセス自体は嫌いじゃないはずなんだけど…なんだかなあ。

 

・結局、バリバリ営業します!みたいなことをしたことがなくて、恥ずかしいんだと思う。恥ずかしいと思ってしまっている。なんのプライドだよ!ってかんじなんだけど、本音。

 

結局、売上あげるぞ!と意識せずに半年間やってきてしまって、努力を放棄していた。自分でも自覚はあるのだけど、今年の5月はとても暇で、日中することなくてよく「早く帰りたい〜」って思っていた。内勤OLならよくあることかもだけど、私は営業なので、そんなこと思う暇はないはずなのに…!

でも、そういうとこだよなあ。上司も、そういうところに気づいてて、もっと忙しく働きなさい!と言ってきたんだと思う。わかっちゃいるけど!わかっちゃいるんです。

 

 

 

じゃあ、明日からどうしよう

 

いろいろ考えてたら、昨日の夜、悪夢をみてしまった…。

会社を辞める夢とか、踏切で立ち止まる夢とか、なんかそういう悪夢を見てしまっていた。しかも、せっかくの土日なのに、数字のことで頭がいっぱいで、全然楽しめなかった!も〜〜〜!

こんなOLになりたかったわけではないんですけど!!

 

やっぱり、やることとしては

・既存クライアントに、仕事の提案をする

・新規クライアント訪問を続ける

 

この2つになるんだろう。

今まであんまり外に営業行ってなかったし。行かせてもくれなかったのに今更行けなんてむかつくけど、まあ、そうやって会社のせいにしてても何も成長できないから、自分のためと思ってがんばろ。どーーーしてもうまくいかなかったら、会社辞めればいいし。まずは、やってみよ。

 

とはいえ、メンタルがボロボロなので、このままやっても楽しくないよな。上司に言われたからする、だと「やらされてる感」が嫌なんですよね(それが嫌いな上司だとなおさら)。そういうめんどくさいプライドがあって、よくないんだけど…。

 

 

でもさ!!!!!

 

やるしかない。数字だけをおいかけるとしんどいけど、仕事を楽しくやっている人たちの真似してみよう。がんばろう。うじうじしてても仕方ねえ。

今年は仕事をがんばった!って言える12月を迎えよう。

幸い、6月は結構仕事がつまってきているし、なんか他にもいろいろ行ってみよう。がんばろう。

 

結局、先輩や上司の顔をうかがっておどおどしてるのがよくないんだと思うんだよね。一人でできる仕事だもん。一人で営業いって提案して仕事もらうとか全然できるもん。ばかだな。「一人代理店」くらいの気持ちで、やろう!!気分はフリーランス。起業女子みたいな(?)

 

 

ネガティブなことを考えていても始まらないので、可愛い服来て、あちこちでかけて、営業っぽいことしてみよう。

必死にがんばることってきっとださいことじゃないよなーとか、昨日の某総選挙のアイドルちゃんたちを見ていて思ったのだった。彼女たちもきっと、「与えられる仕事」は一定数あって、それをこなしてるだけでもグループには在籍できるんだけど、上にいきたかったら、「与えられた仕事のパフォーマンスをあげる」か、「新しい仕事を自分で見つけてやる」かのどっちかをやってるんだろうな。そう思うと、私にも頑張れそうな気がしてきた。

 

 

考えはまとまらないけどきっと明日も何か書きます。

 

ブログをはじめた理由

OLです。

今日からブログを始めることにしました。

 

ブログというより、日記です。

人の役に立つことではなく、自分のために書いてみようかと思いました。

 

このブログを書き始めた理由は以下のとおりです。

 

①一昨日、メッチャ怒られたから

おとといのことですが、仕事でミスってメチャメチャ怒られました。

四方八方から、合計で4時間くらい怒られたと思います。

さすがにメンタルにきました。

 

怒られた理由がまた、理不尽なこととかではなく、100%私が悪いことで怒られたので、図星すぎてたいへんつらかったです。正論は人を傷つけるというのは本当です。というのは逆ギレで、まあ、言い訳もできないほど私が悪かったです。

 

そこで上司にいくつか、仕事をする上で大切なことを言われた気がしました。

 

「なんで業界の勉強をしないの?お前はレストランに行って、料理の作り方とかあんま知らないっすね〜って人に作ってもらいたいと思うのか?」

「お前が仕事を嫌いなのは、仕事ができないからで、仕事ができないのは、努力をしていないからだ」

「頭を使うのが仕事。頭を使わないお前みたいなやつなんて社会に必要ない」

 

ずーんと来ました。全部図星だと思います。

この仕事を始めて数年が経ちますが、業務内容が嫌いで、仕事もあんまり好きじゃなくて…と言い訳しながら、なんとなく今日まで来てしまったように思います。もう、いい大人です。いい加減、仕事ときちんと向き合わなきゃなと思いました。

 

②自分と向き合うため

 

①とも繋がるんですが、メッチャ怒られた日、自分の中身と向き合おうと思ったものの、吐き出せる場をひとつも持っていないと気づきました。TwitterInstagramfacebookもやっていますし、ブログのアカウントも2つ持っていますが、どれも、本当の自分の「いい部分」だけを抽出した、背伸びした中身になっています。仕事のネガティブな話をする場が全然ない。それはつまり、今まで仕事内容について自分で考えたり、整理して発信したりしたくなかったということです。現実を生きる私はOLなのに、アイデンティティがOLになりきれていないということに気づきました。

なので、このブログは、身バレしない程度に本当のことを書こうと思います。背伸びせず、本当に思っている事を。そして、広報・PR・広告・マーケティング業界について、真摯に考えてみたいと思います。自分のことも書いてみたいです。

だから、日記です。

 

1記事が長くなくてもいいから、更新頻度の高い日記にしたいと思います。

本当の意味で「仕事をしている自分=私」になったら、このブログは消します。がんばります。

 

ところで、OLとしてブログを始めようと思ってさくっと調べたのですが、キラキラ起業女子♡はアメブロを多く使っていることに気づきました。なぜなのでしょうか。

私もアメブロにするか迷ったのですが、そうやってキラキラ起業女子♡にまざると、また嘘をついて取り繕ったようなことを書いてしまいそうだったので、はてなにしました。(キラキラ起業女子♡のブログを読むのは好きです。モチベーションがあがるので。ただ、今の私に必要なのはそういうことではなさそうです。)

 

「OLです」と名乗ることすらなんかちょっと抵抗ある私が、仕事にプライドを持てるように、がんばってこのブログタイトルにしてみました。キラキラ日記♡にすると嘘になるし、ゆううつ日記にすると永遠に自虐的なことしか言えなくなりそうなので、うつキラ日記。OLをしていると、死ぬほどユウウツな日もあれば、キラキラな日もあります。本当のことを書くように、呪文のように唱えたい。うつキラ日記、はじまりはじまり〜

 

【6月16日 追記】

やっぱり身バレを恐れて何も書けなくなりそうになったので、ところどころフェイクをいれようと思います。でも、なるだけ気持ちには嘘のないように書きます。がんばろう。